STEP-5 退職・入社

入社条件を確認

さあ、面接も無事に終わり、企業から内定が出ました。

おめでとうございます。 ただし、企業から内定の連絡を受けても、転職活動が終了するわけではありません。

内定の連絡があったら、まずは入社条件を確認します。給与などの条件に関しては書面で伝えることになっていますが書類は入手していますか。発行されない場合は企業に相談し、書類を発行してもらいましょう。また、入社承諾をいつまでにしなければいけないかも確認しましょう。1週間が目安ですが、相談相手などタイミングが厳しい場合は率直に企業の担当者に相談しましょう。

内定の段階で気になることがあればすぐに確認をしましょう。面接では聞きにくかったこともあると思いますので、入社承諾の前に確認することが必要です。

また複数の企業から内定をとられる方もいらっしゃると思います。転職後取引や共同事業などでお世話になることもありますから筋をきっちり通しましょう。

退職手続き~報告・引継ぎ~

無事入社承諾をおえましたら、離職中の方は入社の準備となりますが、現職中の方は退職手続きとなります。

ここでも今後お付き合いすることもありますし、お世話になった同僚もたくさんいらっしゃるでしょうからきっちり筋を通しましょう。まずは直属の上司に報告します。先に部長など上の役職の人や、同僚にうっかり話してしまい、社内に広がることは決してしてはいけません。ご注意ください。

直属の上司に報告後、誠心誠意上司に理解していただけるまで説得をしましょう。上司もさらに上司や人事部などに報告する必要もありますので、その立場を重んじあせらずに行いましょう。

よく退職引き止めにあい、転職を断念する方もいますが、会社側も一度転職を決めた方ですから、あなたへの見方もかわってきます。その点はよくふまえて判断することが必要です。

またプロジェクトは後任の手配などで退職日が希望とずれることがありますが、そこは転職先企業に適宜報告をして調整をしていきましょう。

退職日が決定しましたら、退職届など手配をしましょう。また、転職先への入社手続きも並行して行いましょう。

なお、退職理由はポジティブかつ無難な理由が一番です。こういう仕事に携わりたい、夢、あるいは家庭の事情などが一般的です。

退職時に返却するもの、受け取るもの

退職するときは、その企業の従業員であることを証明するものや、企業から貸与されているものはすべて返却します。機密に関わる開発などを担当されてきたエンジニアには情報が外部に漏れないように誓約書を書かされるケースがあります。これも転職先あるいは当社のような支援会社に記名すべきかどうか相談すべきでしょう。

返却するもの

また、企業に提出すべき一般的なものの一覧を以下にあげます。

・健康保険被保険者証
・社員証などの身分証明書、在籍証、社章、名刺
・通勤定期券
・作業用品など
・社費で購入した図書、事務用品
・専用にしていた資料、図面、事務用品、鍵、パソコン、ツールなど
・社宅の引き払い書類関連

受け取るもの

企業から受け取るべき一般的なものの一覧は以下になります。

・離職票
・雇用保険被保険者証
・年金手帳
・源泉徴収票

保険・税金の手続き

転職にあたり、社会保険関係(健康保険、雇用保険、介護保険、年金など)、税金の手続きが必要です。退職時に次の会社が決まっている場合と、そうでない場合とでかわってきますが、基本的なことのみ以下で説明します。

退職時に次の会社が決まっている方

・ そのまま、次の会社の健康保険に加入できます。
・ 退職時に受け取った雇用保険被保険者証を、次の会社に提出します。
・ 退職時に受け取った年金手帳を、次の会社の人事担当部署に提出します。
・ 退職時に受け取った源泉徴収票を、次の会社の人事担当部署に提出します。

次の会社が決まっていない方

・ 住んでいる市区町村の役場・役所で手続きを行い、国民健康保険に加入します(退職日の翌日から14日以内)。

あるいは、退職後2年間に限って勤めた時と同じ健康保険の適用が受けられる「任意継続被保険者制度」を利用することもできます。ただし、前職の健康保険に2カ月以上継続して加入していない場合は適用されません。この申請は、自分の住所または居所を管轄する社会保険事務所、または勤めていた会社が所属している健康保険組合で行います(退職の翌日から20日以内)。

・ 退職時に受け取った離職票と雇用保険被保険者証を、住所または居所を管轄するハローワーク(公共職業安定所)に提出します。なお、失業給付金は誰にでも支給されるのではなく、退職日以前の1年間に、雇用保険の被保険者期間が通算6カ月以上あること、失業状態であること、雇用保険被保険者の資格喪失の確認を受けていることが条件となります。
・ 国民年金に加入します。退職の翌日から14日以内に、住んでいる市区町村の担当窓口で手続きを行ってください。
・ 住所地を管轄する税務署で、確定申告を行います。

出社準備

さあ、諸手続きが終了すれば、新天地での出社準備に入ります。何時に、誰宛に、何を持って行けばいいか確認済ですか? 服装はエンジニアの方とはいえ初日はスーツが望ましいですが、人事の方に確認されたほうがいいと思います。

入社初日は、各所への挨拶や自己紹介がまっています。面接同様、最初の印象は大切ですので、明るくはきはき挨拶をしましょう。

入社直後は、分からないことがあって当然。一人で悩むのではなく、上司や他の中途入社者など、周囲の人に相談しましょう。周りの方も温かく受け入れてもらえますし、お互いの人柄もわかり一石二鳥です。

以上、簡単ではありますが、エンジニアの方向けの転職ノウハウをお伝えしました。人それぞれの状況や経歴により自分の棚卸や転職、自己啓発の仕方は違います。自分にあった方法を見つけて下さい。

エンジニア専門のコンサルタントにご相談ください(無料)
転職支援サービスに登録する 3分で完了 転職支援サービスに登録する(無料)
ご質問・お問い合わせ先 ご面談は、土日祝日も承ります
0120-964-228
  • エンジニア専業転職支援会社
    求人数 第1位(※自社調べ)
  • 機械・メカトロ、電気・電子・半導体など
    各分野専門のコンサルタントがご支援
  • 非公開求人を含む常時10,000件以上の
    エンジニア求人をご紹介
転職支援サービスの特長
  • エンジニア専業転職支援会社 求人数 第1位(※自社調べ)
  • 技術に精通した専門の
    コンサルタント
    がご支援
  • 非公開求人を含む、
    常時10,000件以上の求人をご紹介可能
転職支援サービスに登録
ご質問・お問い合わせ先
0120-964-228
受付時間:月~金 10:00~18:00
ご面談は、土日祝日も承ります

メイテックネクストとは?

製造業へのエンジニアリングソリューションに40年の実績を持つ「メイテックグループ」の一員です。

会社案内 人と技術で次代を拓く MEITEC